取組事例

ドラッグ・ラグ

1日でも早く効果的な投薬を
1日でも早く効果的な投薬を

ドラッグ・ラグとは、新たな薬物が開発されてから、治療薬として実際に患者様の診療に使用できるようになるまでの時間差や遅延のことです。また、他の国や地域における使用の承認から遅延を指して使用されることもある。

ドラッグ・ラグは、難病の治療をうけている患者様にとっては歯がゆい問題です。
まだ特効薬のないような難病の場合、少しでも効果的な薬を早く患者様の手元に届けることは非常に重要になります。

薬品を早く入手するために新薬が承認されるまでは、一部の外国人患者様が個人購入、または海外診療を受けるしかない現状となっている。

当社ではドラッグ・ラグを払拭させるべく、偕行会グループのノウハウ及びネットワークを活用するとともに、日々研究を重ね患者様をサポートいたします。