診療の紹介

脳神経外科

脳神経外科 診療の特色

 佐々木名誉院長を中心に様々な脳神経外科分野(脳卒中、頭蓋底外科、髄膜腫、聴神経腫瘍、間脳下垂体腫瘍、脊髄腫瘍、神経血管減圧術、三叉神経痛、顔面痙攣など)の急性期診療を行っています。

 我々の最大の目標は、患者様の立場に立ってQOLの改善と維持を目指し、より確実な、より侵襲の少ない治療法を実践することです。

 診断にはMRI・CTに加えPET(ポジトロン・エミション・トモグラフィー)などを用いての量的診断を行い、手術では手術用顕微鏡下にて血管造影などの形態学的モニターに加え、最新式のニューロナビゲーター機器を常時使用して安全かつ正確な手術を行っています。また神経機能保存を目的として、聴性脳幹反応(ABR)、運動誘発電位(MEP)、体性感覚誘発電位(SEP)、顔面神経刺激誘発筋電図などの電気生理学的モニター下に手術を行っているのが特徴です。

 他にも脳ドック、セカンドオピニオン、認知症の治療なども行い、ひとりでも多くの患者様の為に力を尽くしています。
放射線外科センターと連携し、症状によりガンマナイフによる治療も行っています。
急性期治療後は偕行会グループ内の回復期リハビリテーション(偕行会リハビリテーション病院)、療養型医療施設(偕行会城西病院など)と連携し、高度な安定した医療を提供いたします。

 また、透析患者様には偕行会グループ内の透析サテライトクリニックをはじめ、透析合併症予防、血管障害に対する治療を積極的に行っています。

佐々木富男名誉院長のご紹介

佐々木富男名誉院長
佐々木富男名誉院長

 佐々木富男医師は、最高難易度の脳腫瘍手術および脳血管手術の名医であり、世界で最も実力のある脳神経外科医の一人として認められています。これまでに1000例を超える難易度の高い聴神経腫瘍や頭蓋底腫瘍を執刀し、世界トップクラスの症例数と治療成績を誇っています。

 また、脳動脈瘤手術や脳動静脈奇形に対する手術においても、その手術経験および治療成績ともに国内トップクラスの実力者としてその名を知られています。

 佐々木医師が執刀する手術は、頭蓋底部にできた巨大腫瘍や、脳深部の脳動静脈奇形、巨大な脳動脈瘤といった、極めて難易度の高い治療困難な症例が大半を占めており、他の施設で治療を諦めざるを得なかった多くの患者様が、佐々木医師を最後の拠り所として全国各地から集まってきます。また、佐々木医師は、東京大学時代からこれまで長年にわたり後進の育成にも大きな力を注いでおり、首都圏をはじめ全国各地に数多くの名医を輩出してきました。佐々木医師の卓越した手術手技は、顕微鏡下でのミリの世界における長時間にわたる驚異的な集中力と、その不屈の精神力とに裏打ちされ、他の追随を一切許さない圧倒的な手術が完遂されます。また、常に患者にとって最善の治療は何かを問い、万難を排して治療困難な症例に立ち向かう佐々木医師のその姿に、多くの優秀な脳神経外科医からも全幅の信頼を置かれており、手術手技の向上を目指して、また、手術に対するその真摯な姿勢を学ぶために、佐々木医師の手術見学を希望する脳神経外科医は後を絶ちません。当院に佐々木医師をお招きできることは、大変光栄であるとともに、スタッフにとっても患者様にとってもこの上ない喜びであります。