診療の紹介

ハイパーサーミア

ハイパーサーミアの原理

がんは手強い相手ですが、無敵ではなく弱点もあります。

がんの弱点

がん組織は正常組織に比べ熱に弱いことが世界の科学者によって証明されています。がん組織は41.5℃~44℃程度の温度で死滅します。

どうしてがんを温めますか

がんは身体の表面から深い臓器に至るまでほとんどの組織にできる病気です。温水などの普通の加温では、所定の温度(41.5℃以上)に高めることは不可能ですが、高周波エネルギーを巧みに利用することによって加温が可能です。また、高周波をがん組織と正常組織に同時に加えても正常組織は血管が拡張して血流が増え、放熱しやすいが、がん組織はほとんど血管の拡張が無く、血流が少ないため、蓄熱しやすく、正常組織に比べ高い温度が保てます。
この特性に着目し、研究を重ねた末、生まれた治療法が高周波ハイパーサーミア(温熱治療)です。

がんはなぜ熱に弱いか?

がん細胞は一般的に血流不足。酸素不足のため代謝が変わり、乳酸がたまって酸性に傾き、そのため熱に弱くなります。がん細胞は相互に連絡が悪く、正常細胞のように高温に耐えられないので、死滅します。

温熱と細胞の生存率

加温時間-細胞の生存曲線細胞を41~42℃で加熱した場合、細胞数にあまり変化が見られないが、42.5℃を超えると急激に細胞が死滅する。
がん細胞は正常細胞に比べpHが低いため熱に弱く、死滅しやすくなります。

どうやって加温するの?

身体の奥深いところにできる臓器のがんは、どのようにして目的の温度に加温するのでしょう。

加熱原理

がん病巣を中心に体表から一対の電極をセットし、8MHzの高周波を与えるキャパシティブ方式により、身体内部に高周波電流が流れ、そのジュール熱により患部の温度を上昇させる仕組みです。

正常血管と腫瘍血管を加温したとき

熱が加わると血管が膨張して、放熱する仕組みになっています。
腫瘍の中を通る血管は熱を加えられても膨張しないので、高温になります。

治療の種類とハイパーサーミア

現在のがん治療には、外科治療、化学治療、放射線治療、免疫治療、そして最近開発された高周波ハイパーサーミア治療があります。
高周波ハイパーサーミア治療は従来の治療との併用も行うことが可能です。

高周波ハイパーサーミア治療

ハイパーサーミア治療は正常組織にダメージを与えることなくがんの病巣のある領域を治療することができますので、従来見られるような副作用や後遺症などがなく、理想的な治療として注目されています。

どんながんに効くの?

  • 脳・眼球を除くすべての部位に適用されます。
  • 初期、末期を問いません。
  • がん組織型や種類を問いません。

パンコースト型肺がん〈産業医科大学放射線科〉

■53歳・男性(右肩痛、右上肢痛)

胃がん術後、多発肝転移〈京都府立医科大学第一内科〉

■62歳・男性(肝臓に機関銃で打ち抜いたような穴に見える転移が進行)

肝細胞がん術後、肺転移〈総合南東北病院、東京クリニック〉

■66歳・男性(肝臓の半分切除10ヵ月後肺への転移)

切除不能進行食道がん〈関西医科大学放射線科〉

■66歳・男性(嚥下困難、胸部痛)

高周波ハイパーサーミアの良いところ

高周波ハイパーサーミア(温熱治療)が直接、がん細胞を壊死させるほかに、次のような重要な役割をすることが分かっています。

加温による免疫の活性

高周波ハイパーサーミアを加えることで、病巣及び周辺組織の温度が39℃~41℃近くに上昇、体内の免疫(NK細胞、インターフェロン-γ、マクロファージなど)が活性し、がん細胞に対して攻撃性を発揮します。

QOL(生活の質)が向上します

がんによる痛みの緩和、食欲増進、体力の回復、気分が良くなるなど、生活の質が向上します。

がん組織への薬剤の取込みを良くします

薬剤治療と高周波ハイパーサーミアを併用すると、がん組織への薬剤の取込み量が数倍に上昇することから、薬剤の効果を一段と高めます。
また、薬剤の投与量を少なくでき、副作用が軽減されます。

放射線治療の効果を増強させます

高周波ハイパーサーミアを併用させることによって、放射線効果をさらに高めます。また、放射線抵抗性のがんにも有効なことが実証されています。

高周波ハイパーサーミアは、副作用がほとんどありません

従来のがん治療のような副作用がないので、症状が良くなるまで何度でも治療を受けることができます。

治療スケジュール

  • 治療は1週間に1回行い、保険診療の場合は最長8回までとさせていただきます。
    9回目以降の治療をご希望の方は実費での治療になります。(入院の場合、入院費用は全て実費になります)
  • 治療は患者様の体調を確認させていただく目的で、3回目までは入院治療にて行い、4回目以降は原則として外来治療にて行います。
    入院中は免疫力向上の為、毎日人工炭酸泉の足浴を行います。
  • 治療開始の前及び8回目の治療後に外来にて、血液検査、画像検査を行います。
    入院前検査:血液検査(腫瘍マーカーを含む)、PET、CT(造影)、胸部X-P撮影、腹部超音波検査、心電図
    8回目終了後の検査:血液検査(腫瘍マーカーを含む)、PET、CT(造影)、胸部X-P撮影、腹部超音波検査、心電図

保険診療の基本的なスケジュール

ハイパーサーミア治療を受けられる方は

  • 上半身の加温の場合は加温前の食事は控えましょう。
  • 汗を多くかきますのでタオル等準備しておきましょう。
  • 治療後は水分を十分に補給しましょう。

治療準備

  • 加温する部分の着衣を脱ぎます。
  • 身につけている金属物をはずします。
  • 治療テーブルの上に横たわります。
  • 電極が身体の前後に当てられます。

治療中

  • 高周波を加えます。
  • 治療時間は約40分です。
  • 部分的に皮膚面が熱くなる時があれば先生に声をかけてください。
  • その間、汗をかくぐらい身体が温かくなります。

治療後

  • 治療が終了すると電極が離されます。
  • 治療テーブルが下がります。
  • 治療テーブルから降ります。
  • 水分の補給をしてください。

サーモトロン-RF8って何?

サーモトロン-RF8は世界で初めてがんの高周波ハイパーサーミア装置として正式に認められた治療装置です。この装置で治療した多くの症例があり、安全性と有効性が日本ハイパーサーミア学会でも認められています。

  • 中央の治療テーブルに、通常はあおむけになった状態で治療をしますが、がんのある部位によっては、電極を回転させて体側方向からも加温することができます。
  • 電極にはボーラスという水袋がついており、温水や冷水が環流し皮膚面を保護します。
  • 制御部で加温出力や温度等の情報を観察することができ、それらを制御します。