診療の紹介

運動療法施設

疾病予防運動療法施設 偕行会 ウエルネスセンター

「ウェルネス」とは、「自分自身の努力で得た健康」という意味です。

名古屋共立病院での運動療法のご案内

名古屋共立病院では高血圧や糖尿病、脂質代謝異常症などの生活習慣病改善、また、心疾患などの再発予防を目的とした運動療法を行っています。

●対象疾患 … 高血圧、脂質代謝異常症、糖尿病、肥満、心疾患など

心肺運動負荷試験とは

心肺運動負荷試験とは、心電図や血圧計・呼気ガス採集マスクを装着し、自転車エルゴメーター等の機器を使用して、運動中の身体反応を見るために行う検査です。
また、運動を行うからには、効果的に運動を行いたいものですが、最も効果的な運動の強さは個人により異なります。
心肺運動負荷試験を行う事により、個々の最適な運動の強さを科学的に分析する事が可能となります。
運動の強さを徐々に強めていき、ある程度疲労が出るまで検査を継続します。
今後の運動プログラムを作成する上で非常に大切な検査となります。

心肺運動負荷試験の目的

  1. 運動中の心・血管系異常の有無の確認
  2. 現在の体力レベルの確認
  3. 疾患の改善・脂肪燃焼が最も効果的に行える運動強度の確認などが挙げられます。